2012-10-15(Mon)

回転寿司屋がちょっとした近未来

こんにちは、ヒロトです。
急に寒くなってきましたよね。
この前まで最低気温が二桁あったと思ったら、直近では一桁。
まあ、10月の北海道なんでこれが当たり前なんですけど。
でも、寒暖差が激しい。
そんな訳で風邪もひきましたorz

まあ、風邪をひく前にとある新たに開店した回転寿司屋に行って参りました。
なんかね、上手く言えないのがもどかしいのですが、すごかった。
まず、店に入ると待たされるときありますよね。
その受付機がおいてあることに未来を感じました。
普通、紙とかで、名前書いてお待ち下さいなのが常識だと思ってた。
そんで、順番がきたらナンバーの入った案内プレートをもらって自分で席へ。
で、寿司が何レーンかに分かれて回っているのです。
複数レーンなんて初めて。
で、注文は席の横に取りつけられた液晶で検索、注文。
すると、注文品てわかる大きな台に乗って寿司が来るという仕組み。
しかも、近くに来ると音楽でお知らせしてくれるという間違い防止機能つき。
すげえ!
しかも、回ってる寿司の皿にはICチップが入っていて一定時間たったらわかるらしく、新鮮なのが回ってるのだそう。
そこまでやっときながらお会計は人間の手で数えてた。
一皿105円固定なんだから、重ねて光を当てると数字の出るやつを採用すれば良かったのに。
そうすれば完璧だったのに(ナニガ
でも、店に入って出ていくまでに顔を合わせた人間は二人。
すごい少ない。
なんか全自動も目の前って感じ。
まあ、でもあそこ続くかなぁ。
肝心の寿司がねぇ。
しゃりが小さく、箸で挟むと崩れるんですよ。
食べにくいことこの上ない。
ネタは普通。
取り立てて騒ぐほどでもなかったように思う。
でも、ちょっと未来を感じたなぁ。
いざってときはマンパワーが大事派ですが、こういうメカメカしたのも好き。
とても貴重な経験でした。

うーん、この半月、小説は不調だったので残り半月頑張るか。
カフェインって偉大だよね。
ネックス最高! ひゃっはー!
こんなんでいいのか、いいよね。
ぽこぺん♪
スポンサーサイト
プロフィール

緋ノ月 大翔(月、もしくはヒロト)

Author:緋ノ月 大翔(月、もしくはヒロト)
ライトノベルを書いてちまちま投稿しています。月もしくは、ヒロトと申します。
好きなジャンルは、ハードボイルドと伝奇と警察もの。
好きな種族は吸血鬼。
趣味マンガ、小説。
よろしくおねがいします。
twitter再開しました(多分):ヒロトのtwitter

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援バナー
新しくなった春蘭とマジ恋Aシリーズを応援中!
歓迎係
シエリールrepair2
過去作(長編)
カクヨムさまに飛びます。
過去作(短編)
カクヨムさまに飛びます。
  • ふたり new
  • 強い眼差し new
  • CM
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    検索フォーム

    FC2Ad

    Powered by FC2 Blog