2009-06-13(Sat)

ポメラ!!!

ポメラという電子文房具? をご存じでしょうか?
ジャンルは電子メモ帳という新ジャンルだそうです。
そいつに一目惚れした僕は、さっそく買いました。
地元の電気屋のどこにも置いてないから、インターネットでレビューをかたっぱしから見ました。
ほとんどが好評価。
文字を書く人たちからの評価が高いのです。
で、悩んだのは色。
限定色の赤にしようか、4千円安いオレンジにしようか。
結局、悩んでる間に赤がなくなってオレンジにしました。
まあ、オレンジがアマゾンから届いた二日後には赤は復活してましたけどね。

以下、使ってみた感想など。
形は、ノートパソコンのようですが、機能が素敵。
文字を打つことだけ、しかできません。
「インターネット、動画、音楽、ゲーム、それら全部できません」みたいな売り文句だったと思います。
大きさは、文庫本くらい。
広げると、qwerty配列のキーボードが二つ折りから展開。
キーピッチは1.7と少し小さめですが、一時間も使っているうちになれました。
指は太い方ですが、もともとウルトラモバイルPCなんかも使っていたので慣れました。
そして、なによりの売りが電池駆動。
単四二本で実働20時間を実現し、待機状態では1500時間。
バッテリじゃないのが僕には大きな魅力でした。
持ち運びも軽く、いい感じ。
鞄やポシェットに入れてどこへでも。

使ってみた難点は以下
・キーボードをたたんだ状態では画面が見れないので本当の意味でのメモにならない。
・記号周りが弱い。《 》や、…、が一応搭載されているけど使いづらい。ーと―の区別ができない。
・ATOK辞書は百件までらしいです。今のところ固有名詞だけなので間に合ってますがこの先どうなるやら
・一つのファイルは八千文字までという規制があるのです。 それで、意気揚々と続きを書こうとした文章が開けませんでした><  帰ってきて調べたら8.023文字でした。 せっかく、マイクロSDに対応していて、大きなファイルを持ち運べるのですから頑張って欲しいなと思いました。
・難しい漢字の発見が大変。一応登録されているみたいですが、常用漢字でないと、探して登録しないととても使えないので、結構めんどくさい。特殊な漢字は使わなければいいんでしょうけど。でも、ねえ?
・PCでのフォルダに対応してないので文章が乱雑になりがち。まあ、問題ないっちゃないですけどね。

いいところ追記
持ち上げて落として持ち上げる。
・起動が速い。電源押して二秒。でも、確かにキーボードを開いたらオンにする機能あってもよかったかもしれません。
・上限がある代わりに動作は軽くて軽快。素敵。
・何度も言いますが、これ以外できないので気がそれにくいです。
・画面がバックライトを積んでいないのですが、割と見やすいです。
・パソコンに繋いだとき、記憶デバイスとして認識されるので中身のコピーが楽々。余計なソフトの導入とかもないですし。あ、ファイルはもちろん全部txt。
・パソコンのキーボードで使えるショートカットが使える。僕が普段から多用しているものは全部できます。

こんなところでしょうか。
要は一昔のワープロのようなものです。
印刷はできないけど、txtで出力できますよーみたいな。
天板に、写真を印刷したラベル作って貼って、その上からでっかいポストイットをはっつけてすぐメモれるようにして使ってます。
来たばかりなのに、すっかりうちの子です。
最近はラップトップ開くよりポメラの方が時間長いです。
そして、その影響で使用頻度急上昇中のipod(最初期型)。
頑張れ、うちの電気製品。
携帯電話型で長い文章読める機器が欲しいです。
ポメラで書いたものをチェックできるのが。
スマートフォンしかないのかな?
せっかくアプリで長文読めるのだから、青空文庫に対応してるのないのかな?
頑張れau!
そして、書くことをもっと頑張れ僕!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

緋ノ月 大翔(月、もしくはヒロト)

Author:緋ノ月 大翔(月、もしくはヒロト)
ライトノベルを書いてちまちま投稿しています。月もしくは、ヒロトと申します。
好きなジャンルは、ハードボイルドと伝奇と警察もの。
好きな種族は吸血鬼。
趣味マンガ、小説。
よろしくおねがいします。
twitter再開しました(多分):ヒロトのtwitter

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援バナー
新しくなった春蘭とマジ恋Aシリーズを応援中!
歓迎係
シエリールrepair2
過去作(長編)
カクヨムさまに飛びます。
過去作(短編)
カクヨムさまに飛びます。
  • ふたり new
  • 強い眼差し new
  • CM
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    検索フォーム

    FC2Ad

    Powered by FC2 Blog