2009-09-07(Mon)

気がつけば

このまえの書いているものが伝奇じゃない件について、別のところで日記にしたら皆様から反響をいただきました。
まあ、右欄にある、「魂の殻」が伝奇じゃないのではないかと友人に言われたのが発端なわけですが、あれだけは伝奇であって欲しい、でも、基本はアクション書きであるという結論です。
あれが伝奇であって欲しい理由は、「空の境界」に憧れ、伝奇を書きたくて書いた作品だからです。
長編一作目の「魂の殻」と長編二作目の「平成妖怪奇譚」は伝奇を意識して書いたので、読む人にも伝奇だと思って欲しかった。
そうじゃないと、一番表現したかったことが出来ていないことになるからです。
それだけの個人的な感情です。
盟友玄武岩さんには、「幻想奇譚」とかいいんじゃないの? といただきましたのでそこら辺で。
よく考えたら、伝奇書きとか言ってますけど、伝奇らしい伝奇は最近書いてないです。
理由は、いろんなものに挑戦したいから。
コメディや、吸血鬼の出てこないシリアス。
特にコメディは僕に負担が大きく、大変な作業でしたが実りある作業だと思いました。
吸血鬼ものは実際には三本(敵出演も含めたら五本)と全部ではないのですが、吸血鬼もののジャンル名を「吸血鬼モノ」もしくは、「幻想鬼譚」とでもしようかと思ってます。
まあ、良いんですよ。
おもしろければ。
それが大事。
特に、新人賞を狙っている今はそれの追求に余念があってはならないと思います。
作家ジャンルは読者が決めてくれる。
そういうお言葉もいただき、真であると思うのでまずは、読者を獲得することから始めたいと思います。

今日、本屋で友人に内容確認を頼まれていた本があったので立ち読みしてきました。
僕は、大塚氏のハウツー本で小説を勉強してきたんですけど、彼はキャラは記号であると言います。
今日読んできた本には、キャラは生き物、記号ではないと書かれていました。
それだけで買って読む価値はあるかもしれない、と思いましたが金欠だったので自重しました。
後は、作者の実力を測るのに、長編を五本以上書いているかという基準を述べていました。
五本書いていたらレベルが高いらしいです。
で、自分の作品を数えてみると五本がぱっと出てこなくてちょっと焦りました。
以下、長編の紹介(書いた順)
・魂の殻
・平成妖怪奇譚
・僕の神様は。
・しかして、月は翳り君を曇らせる
・魂の殻 第二章(応募用ではない個人的趣味による作品)
・クロイヒト
・とっけい!
・ソロモンと小さすぎた鍵
他三本書きかけ+短編いくつか(もちろん黒歴史は除外ww)
とまあ、八本長編を書き上げているので一安心?
上五本は三年で書いた感じです。
下三本+書きかけは今年一年。
なんと筆の速くなったことか(しみじみ
とりあえず八本書いて賞を取られた方がいたという話を友達にしたら、「その人が天才だとしたら、おまえはその倍書かなきゃならないな」と言われました。
凡人の底力見せてやるぜ。
ある自分の値段がわかるHP?(なんていうんだろう?)で才能で稼げる額は四十三万円(総額六千四百万の内で)は伊達じゃないことを見せつけてやる!
とりあえず半分にはきましたよ。
ひとえに仲間のおかげです。
後八本頑張るぜ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

緋ノ月 大翔(月、もしくはヒロト)

Author:緋ノ月 大翔(月、もしくはヒロト)
ライトノベルを書いてちまちま投稿しています。月もしくは、ヒロトと申します。
好きなジャンルは、ハードボイルドと伝奇と警察もの。
好きな種族は吸血鬼。
趣味マンガ、小説。
よろしくおねがいします。
twitter再開しました(多分):ヒロトのtwitter

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援バナー
新しくなった春蘭とマジ恋Aシリーズを応援中!
歓迎係
シエリールrepair2
過去作(長編)
カクヨムさまに飛びます。
過去作(短編)
カクヨムさまに飛びます。
  • ふたり new
  • 強い眼差し new
  • CM
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    検索フォーム

    FC2Ad

    Powered by FC2 Blog